占い好きな日本人にぴったりな電話占いサービス

日本人は占いに飛びつく国民性があります。

「透視」とか「霊視」の能力がある占い師は目に見えない力を持っています。

しかしながら、それは当たるか当たらないかわかりません。

そんな事柄に数万円などという大金を払うでしょうか?

通常の精神状態ならばありえないでしょう。

けれども日本人は違うのです。

「すごく良く当たるみたいよ!」――こんな噂を聞いたらその有名な占い師を信じこんでしまって数万円を財布から出してしまいます。

鑑定を依頼してしまう国民性があります。

「占いの的中率が凄い!」と聞かされても金額が大きいと躊躇して考えるのが普通ですが、日本人にはそれがありません。

新しいもの好きで、何でも飛びついてしまうのですが、多少は考えるべきでしょう。

占いがとても好きな人たちに大きな負担なく楽しめる場をご紹介しましょう。

それは電話占い師で、インターネット上には電話占いサイトがたくさん立ち上がっています。

スマートフォンや携帯電話はほとんどの人が持っている世の中です。

いつでもどこでも気が向いたら電話占いをしてもらえます。

電話占いサイトでは通話料が無料の場合も多いです。

できるだけお客様の負担が少なくできるようなシステムが導入されています。

占い師の情報もとっても多いです。

「的中率」とか「どういった占いが得意」とかが分かりやすく整理されています。

信頼のおける占い師も多いです。

昔の占い体験の思い出話

昔デパートの屋上のゲームセンターで100円を入れるの着物を着た人形が神社の鳥居をくぐって、お参りをして、おみくじを持ってくる占いのゲームのようなものがありました。

実際にはゲームでは無く、100円を入れると自動的におみくじを必ず持ってきます。

いい方のおみくじが当たりやすい仕組みになっています。

人形が動くレールの後も分かりにくくなっていて、神社の模型の扉が開く部分が非常に興味深かったです。

コンピューター画面を使った物ではなく、アナログのアトラクションですからとてもリアルに充実しています。

ゲームの用でゲームでは無いという事が非常に楽しいと思います。

いま100円コーナーでアナログのものが減っていったのが非常に残念です。

何度もやって大吉をもらって元気をもらった事はあります。

その時はいろいろ感じてしまう年齢だったので非常に助かりました。

たぶん家のどこかでそのおみくじを必ずとってあると思います。

忘れた時に出てくるといいと思います。

今のその100円コーナーが廃止されたのは少し残念です。

なぜかというをそこは昭和のレトロが雰囲気があります。

そのおみくじは白いおみくじのつつに入っていたのでそれがとても良くできていて、それがとても良かったです。

中を開けるとおみくじがきれいに巻いてあって、それを伸ばすのも楽しみでした。

占いに興味のない人も楽しめます。

ペライチ:摩耶(マヤ)プロフィール

コメントは受け付けていません。